トレーニングのコツ

【トレコツ】ベントオーバーロウで背中の上部・下部を鍛えるコツを感じた!

 

「ベントオーバーロウ」で背中の上部・下部を分けて鍛えるコツを感じたので書いていきます!!

 

こんな方におすすめ

  • 背中のトレーニングがマンネリ化している方
  • ベントオーバーロウで感覚がいまいちな方
  • なんかベントオーバーロウをやってみたい方

 

▼コツはグリップの広さ

ベントオーバーロウで上部と下部を鍛え分けるコツは、

鍛えたい場所によって持つ場所を変えることです!

 

幅を変えることで、引くときに脇が開くor閉じる状態になり、

開いた状態では背中の上部(広背筋の上部&大円筋、三角筋後部)あたりに刺激が入りやすくなります。

閉じた状態では背中の下部、広背筋の下部をメインに刺激を入れやすくなります。

 

姿勢も大事!

上部に関しては、上半身を倒した状態のほうが鍛えやすい!ただし、倒しすぎると腰の負担が大きいので重量が扱いにくい!

下部に関しては、多少体を立てたほうがスムーズに動作しやすい!ただし、立てすぎるとシュラッグになってしまうので、会釈程度の角度はキープ!

 

ダンベルだとやりにくい

下部に関しては、ダンベルのほうがやりやすいのですが、

上部を鍛える場合は、ダンベルだと脇を開いた動作がしにくいので、バーベルのほうが効果的!

 

 

個人的には、ベントオーバーロウは背中の種目の3本柱くらいに大事なトレーニングだと思っています!

マシンでも同じ動作が出来ますが、全身の筋肉を使って連動性を高めることもできるので、様々なトレーニングのレベルアップにつながります!

是非ジムに行ってベントオーバーロウをやってみましょう!!

 

 

 

 

Copyright© SELECT FIT , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.